読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありえない?ょうぼうじどうしゃじぷたの「在庫あり」ならコチラっ!

ママ、パパも大変喜んでくれました。小さくっても勇敢なジプタはかっこいい象徴です。昔の本ですが、時代を感じさせない内容と絵でした。

イマが買い時♪

2017年03月15日 ランキング上位商品↑

ょうぼうじどうしゃじぷたしょうぼうじどうしゃじぷた [ 渡辺茂男 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

リアルなキャラクターがとても格好よく見えるようですね。自分が小さい頃よく読んでもらった絵本。外で消防車を見ると「じぷた!!」と必ず教えてくれます。旦那が小さいときに大好きだったらしい本です。3人の幼いころによく読んだものです。車のデザインなどは時代を感じますが、じぷたがかわいくお話もいいと思いました。はしご車とポンプ車と救急車が沢山出てくるので!テンションアップ。この本は私にとってヒット商品でしたね。はたらくくるま大好きな息子2歳に買いました。自分も子供の頃に読んだ本ですが!図書館で借りてみたところ子供も気に入ったみたいなので!購入しました。私は初めて読みました。娘は2才で、この本のおすすめ年齢にはほど遠かったのですが…実際読んで聞かせると、最後まで聞いてくれました。紙質もしっかりして丈夫になったのですが古臭い!味のある絵である!昔のものが好きです。読んでもらうなら4歳からとなっていて!たしかに字が多い!赤ちゃんの本しか読んだことのない息子でしたが!飽きずにじーっと聞いていました。気に入ってもらえれば良いのですが。乗り物!特に自動車が好きなので選んでみました。あと1年もすれば内容も理解できるかと思うのでそれまで、気長に読み聞かせしようと思います。日に3回は読まされます(笑)昔自分も子供の頃に持っていた絵本で、懐かしさのあまり、子供に買ってあげました。まだ!全部のお話を聞くには集中力が途切れたりしますが!大好きな消防車が出て来るのは楽しいようでとてもお気に入りです。消防車好きでないお子さんにもオススメですよ。私自身が子供の頃に読んでた本なので!内容古いかな〜と思いましたが!3歳の双子の子供達は大のお気に入り!絵もスピード感があり!深く読んでいくと!どんな自分でも必要とされているんだ!使命があるんだ!と励まされる内容に思えました。もう毎日毎日これを読めアピールがすごくて、おかげさまで私は暗唱できるようになりました。ただ!図書館のは!こどものとも傑作集でこちらは新しくなった!こどものとも絵本。紙もざらざらしてある方がすきです。ベッドに持ってくるお気に入りの本の一つです。子が本好きになるきっかけの一冊になったかもしれません。。本好きの子供に育ってほしくて。1歳四ヶ月の息子のために購入図書館で借りたら好きなので買いました。最近自分で読み始めたので読みやすいかなと買いました。大きさも少し大きくなって、色も鮮やかくっきりです。ロングロングセラーなだけあって、絵がスーパーレトロです!そこがいいのですが、消防車やはしご車・救急車が今のものとだいぶ違います。古い本ですが、やはりいい本だなあと思います。1ページ目の建物を見て「エレベーター」といい(実際はエレベーターではないですが・・・)娘なりに楽しんでいる様子です。ぼろぼろになってしまったので新しくこちらで購入しました。それでも大好きな消防車やはしご車が出てくるのでうれしそうに眺めています。1963年発刊にもかかわらず古さを感じずに愛らしい消防署の車たちのイラストに心わくわくさせられます。友人からのプレゼントで、0歳からパラパラ見ていました。車が大好きなので何回も見ているようです。内容は!対象年齢に関係なく名作!車好きな子以外でも十分楽しめると思います。」と息子に言うと「????」となっていました。親子で楽しめる本です。もともとは同じ作者で山手線の本を買おうかと思っていたのですが、2歳になった息子は消防車が大好きなので、この本にしてみました。何回も何回も読んでほしいとせがんでくる3歳の息子。対象年齢4歳児とありますが、車大好きな1歳児の愛読書です。じぷたが新聞に載る活躍をするシーンでは、座りながらぴょんぴょん飛び跳ねてます。さすが人気の本、我が家の2歳の男の子も大のお気に入りです。2歳の孫に購入しました。話の内容まではまだ理解できていないようですが!読んで!と持ってくるところを見ると気に入ってくれたみたいでよかったです。消防車・はしご車はそれと分かりますが、救急車は「これ救急車だよ。話の内容はすっかり忘れていましたが!ちいさいじぷたの活躍がいいお話です。3歳の娘も喜んでいました。孫に定期的に本を送っています。まだちょっと難しかったかな・・という感じです。母である私がストーリーや絵を気に入って購入しました。